君が嫌いな君も好き
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2011.07.04 Monday /// - / -
<< 伝えたいことがまだありすぎて | main | Dear Tatsuya >>
why why why why? why is it?
本当に楽しみでワクワクして、公演当日を待ちわびていたマウピ2010の代々木公演が期待していた以上に楽しかったという記録。
カツンのツアーと同時進行で組み立てていったとは思えないクオリティーの高さに、さすがはリーサルうえぽむだなと。まず、たっちゃんが持ってる世界観それに加えた引き出しの多さから成るセルフプロデュース力と、その上コンセプトがしっかりしてるから観ている側が要らぬ心配をせずに済む。公演の軸としてストーリーがあって、展開毎にただ可愛いだけじゃなくその他様々な表情を観ることができてその変化に鳥肌が立った。そんな今回の公演にもし誤算があるとすれば、客席をモニターに映すという客観的に見れば素敵な演出においてメインモニターに自分の姿が映ったこと。1日目は終演後に上田担の友達からのメールでモニターに映っていたことを知ったのだけど(何せ終始竜也に夢中)、2日目はそれを自分の目で確認してしまって自分のあまりの気持ち悪さにその場から消えてしまいたくなったほど。自分の外見に対するコンプレックス故に、いつまで経っても静止画にしろ動画にしろ被写体になることに物凄い抵抗がある。それから1日目のMCで酒の話題になった時に、たっちゃんが「ビールや焼酎は苦くて無理」だと言っていたり、同じく1日目のアンコールでステージに戻ってくる時には「皆さんからのアンコールの声が自然と僕をステージへと向かわせていました(←ニュアンス)」なんて言っていてロバ丸担としては聞き流せない瞬間が何度かあって、そもそもたっちゃんの口から「中丸」という言葉が発せられるだけでときめける自分の単純さに驚く。
マウスピースのメンバーは2年前とはまた顔ぶれが変わってまた明らかにたっちゃん好みの女性ばっかりだけど(笑)きっと全員が好感の持てる人たちだと思う。こまめにブログをチェックしているマウピのギタリストであるまさみんと念願の再会を果たせたことが特に嬉しかった。前回の時に名前を叫んだらすっごく優しい笑顔で手を振ってくれたことを今でもはっきり覚えてる。今後ともうちの竜也をよろしくお願いしますと挨拶に行きたい。そして本人達が自分たちは仲がいいのだと言わずとも、ごく自然に仲の良さが雰囲気に滲み出てきているのがとっても和むしいいなぁと思った。そんな様子を眺めつつ以前に何かのインタビューでたっちゃんが「仲がいいかどうかはそのグループの雰囲気から感じ取って欲しい」みたいなことを言っていたのを思い出したのだけど、まさしくあの言葉通りの光景だった。マウスピースというバンドがまるごと好き、これは2年前からずっと変わらず。だから前回同様に、打ち上げに潜り込めたら楽しいのにという話を中丸担の友達とした。それからこれは決してマウピ以外のソロ公演を批判するわけではなくそして好みを一切抜きにして、個人的な現状も踏まえて公演中に余計な思考をせずに平和に気持ちの面で安定して観られるっていうのは本来ならばそうあるべきだし、やっぱりすごく大事なことだなーと痛感したり。だから最近は専らたつみん(竜也とまさみん)に癒されときめく日々。それが今度の神戸公演で見納めになるなんて寂しいから考えたくない。できる限り心穏やかに日々を過ごしていかないと、このままではカツン担として年内を生き切れるかすら危ういから。そんでもってマウピ第3段、何の根拠もないけどまたいつの日か実現する気がしている、勿論私の希望も込みで。その前にDVD化も希望!



はてスタ・拍手いつもありがとうございます。
束の間の余韻に浸っているのと同時に絶賛迷子。前回更新した通り散髪したことを知ってその意気込み(仮)が勝手に嬉しくて、この事実だけでひょっとしたらこれまで歩いてきた道に戻れるんじゃないかなんて淡い期待を抱いた翌日、例のwebメッセージによって脆くもそれはもう粉々に砕け散りましたとさ^^どれほどかというと具体的には、これでも一応参加意欲のあった壮行会のチケットを何の躊躇いもなく後輩の赤西担姉妹に譲って、自分は3日からマウピ神戸公演と翌日の誕生会に行くことを決めるくらい。自分の中で最低限にこの憤りが落ち着くまで顔を見たくないと思うなど、これなんて去年の同時期を彷彿とさせる心境かと。私は心が狭すぎるんですねそうですね。だけど誰にどう思われようとも自分が嫌だと思ったものは嫌。まぁそんなこんなあって、今の気持ちとしてはいつまでもマウピを引きずって、竜也王子の城にしばらくの間匿っていただきたいと思っているような感じ。もういっそのこと情報化社会とは無縁な場所で暮らしたい。あと友仁とマウピ、それぞれの両方を観ている身としては実は全く何も思わないわけではないのだけれど、現状では例え何を主張しても底辺カツン担の戯言になるのが関の山だからここは黙る。また赤西のことを純粋で真っ直ぐに好きだと思える、言える日が遠退いてしまったことが心穏やかではいられない。何が楽しくてファンであるはずの人が楽しそうにしている姿を観て切なさが混じらなきゃいけないんだ。分からないなら早く消えちまえって自分でも思う。そして何度でも言う、何がどうしてこうなった?
2010.09.28 Tuesday /// comments(1) / -
スポンサーサイト
2011.07.04 Monday /// - / -
Comment
蓮さんお久しぶりです。あいこです!
ブログにコメントいただいていたのにお返事しないままで申し訳ありませんでした><
ずっとブログ放置してしまっていたので、
まさか蓮さんからコメントいただけてるとは思わず…><
この前渋谷でたまたまお会いしましたよね…?
エスカレーター越しに…(´・ω・`)
気のせいだったらすみませんっ!
あのときはお話も何もできなかったのでコメントさせていただきました!

蓮さん壮行会行かれないんですね(´・ω・`)
わたしはスマートフォンに変えたらwebにも会員登録できなくなってしまって、
ますますカトゥンから遠退いてしまいましたorz
また機会があればぜひ蓮さんとお話したいです…!
かなり今更感はありますが連絡先送っても大丈夫しょうか?
突然現れて長文コメント失礼しました><
| あいこ | 2010/10/03 2:02 PM |