君が嫌いな君も好き
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2011.07.04 Monday /// - / -
<< Dear Junnosuke | main | Super welcome new year!! >>
Life is see-saw game!

今年の総括とは名ばかりの更新。

振り返ってみれば、今年もまた激動の年だったなぁとつくづく回顧してみたり。ただ、こうして良くも悪くも濃密な1年が続いているということは実はすごく恵まれているのではないかと退屈が苦手な私なんかは思ってしまう。
日常生活の方ではまた新たな夢や目標を実現させることができて、資格等のスキルアップもできて例え傍から見れば小さなことでも更なる充実と進化があったことがまず第一。ありがたいことにこれまで、早くて来春以降だろうと考えていた目標に向かって進みだすことができたこともすごく大きな出来事。私も少しでも早くやりたかったことはこれ!と周りにお披露目できるように精進していく。人と人との繋がりって本当に不思議で素敵。人脈から派生して思いもよらない展開を見せるから面白さもある。どんな小さなことでも目標を立てて、それを達成することの大切さは幼い頃から学んできたことだから今後も継続させていきたい。
今月に入ってから、オール明けの寄り道でもう何度目か分からない6人について大真面目に話し合ったことがあって。この時にKAT-TUNクラスタとして出来事が盛り沢山だった2010年をもし漢字一文字で表すとしたら『夢』だと言った亀梨担の発想が私にとっては目から鱗だった。それと同時に私の人を見る目に狂いはないな、とも。私が心から大好きな曲の歌詞にもあるように、願いが叶うなら悲しみの涙がもう2度と6人に零れないように魔法をかけてほしいと切実に思う。6人に限らず自分が好きな人たちには幸せでいてほしいから。6人に対する気持ちがどんなに揺らぐことはあっても、変わったり動くことは現時点ではないから来年以降もこれまでのように自分のペースを保ちつつ見守っていけたら最高に幸せ。
和也に「受けた傷をかっちょ良く魅せる術を教えてください><」と思ったりもする。だけどこれは教わって会得するものではなく、それぞれがそれぞれの人生を生きて行く中で身に付けるものだということも分かってるつもり。人の数だけ生き方のパターンが存在するということと同様に。


今年も1年間大変ありがとうございました。
2010.12.31 Friday /// comments(0) / -
スポンサーサイト
2011.07.04 Monday /// - / -
Comment